whypic
理由01

中国最大級の「介護・福祉展」だから

AID(上海国際福祉機器展)は、高齢者・障がい者の生 活を支援するあらゆる製品・技術・サービスが集まる中 国最大規模の介護・福祉展示会です。

車いす、リフト、自助具、意思伝達装置、福祉車両など 最新の福祉用具・機器が1000点以上展示されます。 介護・福祉業界の話題、動向、最新情報などが、簡単に 獲得できます。

理由02

業界を牽引する国際色豊かな併催イベント

出展企業等による展示のほか、AIDでは業界の発展に有 益なセミナーや研究発表など様々な併催プログラムをご 用意しております。

政府関係者、専門家、コンサル会社、金融・投資関係、社 区(コミュニティ)、デベロッパーなどから50名以上の ゲストが、福祉・介護などの各分野の課題を分析します。

理由03

個性的なニーズに適合するマッチング

会場には、介護・福祉に関する製品やサービスの導入を 考える質の高い方々が多数来場。来場者とはもちろんの こと、出展者同士でも新たなつながりや事業創出が生ま れやすい環境が整っています。

出展企業が来場者に対し、主催者が用意するプレゼンテ ーション会場にて製品・技術・企業イメージ等をPRする ことができます。

理由04

国内外に幅広く情報発信できるから

Wechat公式アカウント:55,000名以上のフォロアーを 有する業界ではトップの自社媒体
EDM:每月60,000名以上の定期購読者を有し、出展社 様の最新情報を発表
展示会の広告冊子:100,000以上の展示品紹介冊子をバ イヤーにDM郵送
連携のマスコミによるPR活動:50以上の業界メディア、 20以上の国内新聞紙、4以上のテレビ番組、160以上の オンラインニュース掲載

将来性の高い中国高齢者市場

少子高齢化が進むにつれ、高齢者産業は、現在の中国に おける成長産業として最も注目を浴びている産業分野の 一つとなっています。

2018年末、中国の60歳以上の高齢者人口は2億4900万 人を超え、2050年前後には5億人規模に達すると見込ま れています。その潜在的市場規模は、80兆~150兆円と なっています。20~30年後には300兆~500兆円規模

に達すると予測されています。

現在、中国の一部都市の小売店においては、日本からの 福祉機器・用品が数多く取り扱われており、中国の高齢 者にも、その良さが認知されつつある状況にあり、日本 の関連企業にとって大きなビジネスチャンスがあると考 えられます。

VISITORS PROFILE 来場者プロフィール




パラマウントベッド株式会社

私どもはAIDに、2015年から参加させて頂き、中国での養老事業の発展につながっており、非常に感謝しています。 多くの施設の運営者や代理店の方に商品を見せながら会社の紹介をすることが出来、次の商談につながる機会を多く 頂いております。今年度はさらに、今後の介護保険の動きを知るために、上海市内の個人の方も多く来場され、当社 商品の良いヒアリングにつながりました。

株式会社日建ハウジングシステム/日建設計

今年は弊社としてAIDを初めて参加させて頂き、多数の中国企業とお話する機会を頂きました。中国の高齢者ヘルス ケア事業は日々拡大して、変化しています。今回の出展をきっかけとして、新しい情報を入手し、経験と知見を広げ、 業界の動向を把握でき、大変役に立ちました。また、数社から仕事の引き合いもきており、今後はより盛大な展開に 繋がることを期待しております。





日本貿易振興機構(ジェトロ)上海事務所

AIDは、我々日本の優れた介護サービス事業者や福祉用品関連企業が参画することで、中国企業と多くの商談機会が 創出され、日中双方の「高齢化」という大きな社会問題の解決に繋がる可能性が極めて高い最適なプラットフォーム です。

日本貿易振興機構(JETRO)は、AIDに於いて上海市を中心とした福祉・リハビリ業界関係者との商談・交流を目的 とした「日中(上海市)高齢者産業交流会」を2015年以降、5回開催してきました。日本企業が有する「自立支援」、「 認知症ケア」等の経験・ノウハウを通じ、今後も一つでも多くの相互の連携や成果が生まれることを期待しています。





デロイトトーマツファイナンシャル アドバイザリー 細見真司

中国の巨大な高齢者向けマーケットへ向けて、自社の商品プロモーション活動には欠かせないのが毎年開催される AIDです。想像以上のスピードで進歩する介護ビジネス環境の中で、毎年参加することで、その年の展示内容や話題 のテーマを見れば、今後のマーケットの大きな方向性がわかり、自社が展開するビジネスのヒントを得ることができ ます。特に今年は、訪問したいブースがすぐに見つかり、ブースレイアウトも格段に良くなった印象で、来年の開催 も楽しみです。

河南省新郷市民政局高齢者サービス課 課長 李丹

AIDの展示内容もレイアウトも素敵で、新郷の介護企業の間で非常に人気があります。今回、実用性の高い介護機器をた くさん購入し、先進的な理念もたくさん受け入れ、とても勉強になりました。

20周年、そして未来へ

2020年、CHINA AIDは20周年のメモリアルイヤーを迎え ます。これまでの「CHINA AID」という名称をグローバ ルに来場者・出展者が集う場として「AID」に改め、今 後とも引き続きサービスの質の向上や出展者満足度の向 上に取り組み、高齢者事業の発展に寄与していきたいと 考えます。

日本パビリオン

中小企業の出展を支援するため、日本パビリオンを設置 しております。出展企業は日本の福祉製品・サービスの 強みを中国の関係事業者にアピールできます。

コンファレンス

養老業界推進者シンポジウム、上海国際高齢者産業サミ ットフォーラム、中国介護施設の発展シンポジウムなど 、介護・福祉産業の動向をトピックとした各種コンファ レンスを開催予定です。

日中(上海市)高齢者産業交流会

日本の関係企業を主な対象とする日中(上海市)高齢者 産業交流会を実施予定です。交流会には中国企業との個 別面談・ビジネスマッチングの時間が設けられており、 介護・福祉関係事業者は無料に参加できます。

現地の介護施設をめぐるバスツアー

中国の介護施設のデザイン及び運営、管理に直接触れる・ 知るバスツアーを開催予定です。

展示場平面図